カウンセリングルーム

愛と夢 東京サロン

Cure&Smile

キュア&スマイル

営業時間はサービス別・カウンセラー別で異なります。各種項目をご確認ください。

予約受付時間

メール24時間受付可

 

電話

平日 18:30−21:00

土曜 11:00-19:00

日・祝12:00-16:00

予約はアイコンをクリック ⇧
予約はアイコンをクリック ⇧

上記アイコン、または【ご予約・お問い合せ】フォームからご予約ください。

※移動中、カウンセリング中は電話に出ることが出来ません。お問い合せフォームをご利用ください。または、お時間を置いてお掛け直し願います。

お客さま専用電話

050-5848-8876

森山花音ブロブ

微魔女カウンセラー奮闘記

 

予約空き状況はここをクリック
予約空き状況はここをクリック

あるがままの自分になる

『私が自分に、あるがままの自分でいさせてあげることができ時、私は、よりよく生きることができるのです』

 

・偽りの仮面を脱いで、もっとあるがままの自分になっていく

・「こうすべき」とか「こうあるべき」といった「べき」から自由になっていく

・ひたすら、他の人の期待を満たし続けていくのをやめる

・他の人を喜ばすために、自分を型にはめるのをやめる

 

あるがままの自分になる

・自分で自分の進む方向を決めるようになっていく

・結果ではなく、プロセスそのものを生きるようになる

・変化に伴う複雑さを生きるようになっていく

・自分自身の経験に開かれ、自分が今、何を感じているかに気づくよう になっていく

・自分のことをもっと信頼するようになっていく

・他の人をもっと受け入れるようになっていく

 

『人生は、流れゆく、変化するプロセスである。そこでは、あらかじめ固定されたものは何もない』

『他の人による評価は、私の行動の指針とはならない』

『私にとっては、私自身の経験こそ、最高の権威である』

『私は、自分の経験を信頼することができる』

『事実は、味方である』

On Becoming A Person  カール・ロジャーズ 1963

 

より自分らしい、あるがままの自分になる人はこうした方向に向かっていく、とロジャーズはいいます。

その時人は、他者からの期待や、「こうあるべき」という思い込み、そして仮面を付けていた「偽りの自分」から離れていき、その時々の自分の気持ちに従いながら、そのプロセスを生きるようになっていく

 

カール・ロジャーズ入門 自分が自分になるということ

諸富祥彦氏 著書より抜粋させていたしました。

 

これを読む度に『自分は、あるがままの自分』でいるのだろうかと考えます・・・ 

『あるがままの自分でいる』その為に選択したのに、どこかで後悔している自分もいる。

完全に、偽りの仮面を脱ぐことは現代では難しい・・・

そして自分一人でそこにたどり着くことは本当に難しい・・

アドラー心理学では「全ては、みずからの選択」とされています。

「変われない」のではなく「変わらない」選択をみずからしているのです。

あるがままの自分になる。

過去に囚われず、目的のために新しい未来を生きる

それは、自分を見つめ治すこと。

そのための、お手伝いをしたいと心から願います。

⇈プロフィールに行く⇈
⇈プロフィールに行く⇈