カウンセリングルーム

愛と夢 東京サロン

Cure&Smile

キュア&スマイル

営業時間はサービス別・カウンセラー別で異なります。各種項目をご確認ください。

予約受付時間

メール24時間受付可

 

電話

平日 18:30−21:00

土曜 11:00-19:00

日・祝12:00-16:00

予約はアイコンをクリック ⇧
予約はアイコンをクリック ⇧

上記アイコン、または【ご予約・お問い合せ】フォームからご予約ください。

※移動中、カウンセリング中は電話に出ることが出来ません。お問い合せフォームをご利用ください。または、お時間を置いてお掛け直し願います。

お客さま専用電話

050-5848-8876

森山花音ブロブ

微魔女カウンセラー奮闘記

 

予約空き状況はここをクリック
予約空き状況はここをクリック

動物的本能=生命力 2 (命の危機回避)

動物的本能=1の続きです。

同世代の患者さんから、聞いた話の中で、首から入れているカテーテルは2•3ヶ月しか持たない。

 

カテーテル挿入部分から、細菌などの感染が起きるので、その都度抜いてまた挿入するんだよ。

 

血管が細い私は、挿入にも時間がかかったので『あーこの先数回の挿入手術があるなんて嫌だな•••』 と思いながら、念のため研修医の先生に確認をとりました。

 

『そうなんですよ。敗血症になる事もあるので、化膿が見られたらカテーテルを抜いて、また入れるんです•••』

 

もともとアレルギーもある私は、ガーゼをとめるテープにも被れてしまう状態だったので、かなりショックな話でした。

 

ここで、白血病の治療について話しておきます。

 

白血病の治療は、大量の抗がん剤(抗白血病薬)を投与して、良い細胞も悪い細胞も殺します。

 

みなさんも、無菌室は映画やドラマで知っていると思います。

 

抗がん剤を投与して1週間ぐらいで、白血球、血小板、などの数値が下がり、感染症を起こしやすくなるので、無菌室に入るのです。

 

しかし、私の入院した病院には無菌室も空気清浄機もなく、デンジャラスな環境で治療をおこなっていました。

 

しかも、抗がん剤投与中もクリーン期間(白血球数値が下がり免疫低下期間)大部屋のままです。

 

お見舞いの子供が廊下を走る デンジャラス過ぎだろ~~

『大丈夫なのだろうか•••』

 

不安は増すばかりでしたが、当時は母子家庭で、中3と高3の受験生を抱える状況だったので、経済的理由もあり選択の余地はありませんでした。

 

治療は、寛解導入を行い、寛解(悪い細胞が少ない状態)できたら、その後地固め療法を4回行います。

 

この間は、ヘモグロビンも血小板も下がり、血が止まりにくくなるので、転倒したりしないように注意しながら、輸血で補います。

 

細菌感染が起きるといけないので、生ものや乳製品などは食べられません。

 

白血病の死亡原因は、感染症と転倒などによる脳出血がほとんどです。

 

副作用は吐気、味覚障害、髪の毛だけではなく体毛は、睫毛まで抜け落ち、爪も変色します。

 

私の場合は、初回の抗がん剤投与で、完全寛解できました。

 

寛解導入に24時間連続7日間抗がん剤投与が1回, 地固めは、24時間6日間連続抗がん剤投与が4回でした。

 

投与→免疫低下→免疫上昇→骨髄穿刺

これが1ヶ月サイクルです。

 

発熱や副作用の吐気、輸血のアレルギーはありましたが、大きなトラブルもなく無事に初回の寛解導入が終わり、地固め療法の治療が始まりました。

 

抗がん剤投与が始まると、憂鬱なので、気を紛らそうた、点滴に名前を付けてガラガラ連れて歩きます。

 

抗がん剤が漏れると、その部分が腐るので直ぐに警報が鳴るから、ピーちゃん。

 

洗面所に行くのも、ビーちゃんと一緒です。

 

投与2日ぐらいから吐気が強くなってきます。

 

大部屋なので、他の患者さんの食事の匂いさえ吐気が出て辛い

 

無事に抗がん剤投与が終わり、吐気が抑まったころに、今まで味わった事のない感覚に襲われたのです•••

 

今回は治療についての説明が長くなってしまいました。 ごめんなさい。

 

生死をさ迷う事件は、また明日に続きます。

どうぞ、飽きずに読んでやってください。

 

 

 

対話セラピー&コミュニケーションが苦手な人向けセミナー

 

Cure&Smile心の救急箱*メンタル保健室 *ホームページへ行く

Facebookページ Cure&Smile心の救急箱Facebookいいね お願いします( •ॢ◡-ॢ)-♡

photo:01


花音