カウンセリングルーム

愛と夢 東京サロン

Cure&Smile

キュア&スマイル

営業時間はサービス別・カウンセラー別で異なります。各種項目をご確認ください。

予約受付時間

メール24時間受付可

 

電話

平日 18:30−21:00

土曜 11:00-19:00

日・祝12:00-16:00

予約はアイコンをクリック ⇧
予約はアイコンをクリック ⇧

上記アイコン、または【ご予約・お問い合せ】フォームからご予約ください。

※移動中、カウンセリング中は電話に出ることが出来ません。お問い合せフォームをご利用ください。または、お時間を置いてお掛け直し願います。

お客さま専用電話

050-5848-8876

森山花音ブロブ

微魔女カウンセラー奮闘記

 

予約空き状況はここをクリック
予約空き状況はここをクリック

大勢の中の孤独

17日のブログで、職場での孤独な思いを綴りました。 たくさんの方が読んでくださって、こんな思いは自分だけではないのだと、少しだけ和みました。

 

経営者には経営者の、中間管理職に中間管理職の、部下には部下のそれぞれの孤独が存在する•••

 

特に仕事に対して厳しい人の孤独は、人より増した仕事量の分だけ虚しさと孤独が増して行く。

 

大勢の人がいるのに、ひとりぼっちな気がする。

 

周りに人がいると、余計に孤独を感じる•••

 

表面だけの付き合い それなのに、困ったときだけ助けを求められる•••

仕事だから当然助ける。

でも、仕事仲間にとって、自分はウザい存在だけなのかも知れはない••• そう思うと虚しくて仕方ない。

 

少しの言葉のニュアンスのズレで、人は態度を変える とくに女性の噂話は、すぐに同調し瞬く間に感染する•••

 

自分がひとりになるのが嫌だから、誰かを的にして群れる。 1人が言い始めたら大勢に感染し、的になった人間は行き場を失う•••

 

センサーが敏感な人ほど、深く傷付き、人付き合いが怖くなる。

 

子ども頃、イジメを受けた経験のある人は余計にセンサーが強く働く

 

群れる事を嫌えば、弾き出される 自分がしてきた人間関係はなんだったんだろう•••

 

仕事の為に、家族を犠牲にし自分も犠牲にした•••

その結果、手に入れたのは理解されることのない孤独だけ•••

 

これからは、もっと芯の深い人間関係を作っていきたい。

 

本来の私は、決して器用ではなく不器用なのに、外見だけで明るく物怖じしないタイプと思われてしまう•••

 

それは人間関係を円滑にしようと身につけた仮面という名の偶像

 

本当は常に人の目に怯え、なかなか人の中に飛び込めない

 

対ひとりならば、まだ頑張れる だけど、大勢の中だと気落ちして自分を出せない。

 

自分は普通ではない きっと理解されない

 

自分を軽蔑する人とは付き合わない

 

カッコつけて言っているけど、ただ人の中に入り込めないだけ•••

 

どんな本を読んでも、理解は出来るけど実行できない

作った自分を心のどこかで受け入れられない

簡単に自分を変えられない•••

 

ならば同じ気持の仲間を作って、その中から強くなっていけばいいのではないか?

 

人は、ひとりでは生きていけない

理解しあえる仲間は必要•••

同じように悩んでもがいて、でもどうにもできなくて諦めてる

そんな人が大勢いるのではないだろうか?

 

同じ気持を持った人達で、繋がることが出来たらどんなにいいだろう•••

 

だったらそんな空間を私が作れば良いのではないだろうか?

 

『そう、そうなんだよ。これが苦手なんだよ』

そんな事を笑って語り合える繋がり

 

4月

明日から、銀座を拠点に活動します。

コミュニケーションセミナーを実現するべく、楽しいプログラムを考えていこうと思います。

 

人付き合いが苦手な人の、憩いの場所

寂しい人の、憩いの場所 行き場のない人の、憩いの場所

過去の傷を引きずって自分を閉じ込めてしまった人の、憩いの場所

 

そんな場所作りを目指して歩こう

 

 

対話セラピー&コミュニケーションが苦手な人向けセミナー ⬇⬇

Cure&Smile心の救急箱✤メンタル保健室✤に行く

 

花音

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    kazu (月曜日, 01 4月 2013 05:33)

    わかる気がします。仕事は責任が増えるたびに孤独の時間がながくなる。そんだけ、頭の中で考えることが多くなってくるのでしょうね。とくにコミュニケーションが弱くなってきている若者にとっては、かなりの重荷になる孤独感のような気がします。笑って話せる仲間は大切ですよね。気にせず話せる。気にせず聞いてもらえる。気にせず聞いてあげられる。大切ですよね。

  • #2

    花音 (月曜日, 01 4月 2013 13:34)

    <Kazuさん
    コメントありがとうございます。
    責任が増えると相談する人も居なくなりますからね・・
    仕事ができて一目置かれるようにねる=孤独
    こうなることが多いと思います。

    気兼ねなく誰でも話せるような場所作りを目指して考えて行きたいと思います。
    また覗いてやってくださいね

  • #3

    Dosanko.S (火曜日, 09 4月 2013 16:27)

    はじめまして。
    私は、もう古稀を過ぎた老人です。
    若い頃(20代)から、生きるとは何か?
    愛とは何か?
    幸福とは何か?
    人はなぜ孤独なのか?
    人はなぜ死ぬのか?
    など、人生のいろいろなことを考えて来ました。
    ある詩人(三木 清)は「孤独は山にはなく雑踏
    の中(街)にある。」と言いました。
    自分は「ひとりぽっちだ」と感じるのは、山では
    なく、街の雑踏の中にあるというのは本当かもし
    れませんね。

    山には人はいません。自分を裏切る者もいません。
    しかし、人がたくさんいる所では、複雑な人間関
    係の難しさがあり、裏切られることもあります。

    そんな時、ふっと人は「自分はひとりぼっちだ」と
    感じるのではないでしょうか。

  • #4

    花音 (火曜日, 09 4月 2013 18:40)

    Dosanko.Sさん
    はじめまして
    コメントありがとうございます。
    その通りだと思います。
    ひとりなら気まま生きることも出来るけど、集団生活ではそれも出来ない制約が余計、心を蝕むのかも知れませんね

    素敵な詩を教えてくださって、ありがとうございます。
    また少し賢くなった気がして嬉しかったです。
    また教えてください